Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/users/0/fem.jp-mapinc/web/saigoncouture/wp-includes/script-loader.php on line 757

Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/users/0/fem.jp-mapinc/web/saigoncouture/wp-includes/script-loader.php on line 757

Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/users/0/fem.jp-mapinc/web/saigoncouture/wp-includes/script-loader.php on line 758

Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/users/0/fem.jp-mapinc/web/saigoncouture/wp-includes/script-loader.php on line 758
映画「サイゴン・クチュール」公式サイト!アオザイ旋風上陸!2019年12月21日(土)より全国順次ロードショー

INTRODUCTIONイントロダクション

ベトナムを代表する新世代の女性クリエイター達がつくりあげた
POPでキュートな極上のエンタテインメント!

監督はアメリカ、イギリス、日本で実績を積み、脚本で参加した『ハイ・フォン』ではベトナムの歴代興行収入を塗り替える大ヒットを飛ばし、プロデューサーとしても活躍するなど、ベトナム映画界きってのヒットメーカー、グエン・ケイ。エグゼクティブ・プロデューサーには『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にも出演し、2013年には世界の美女ベスト10にも選ばれ、女優として成功する傍ら製作者としても目覚ましい活躍をみせるゴ・タイン・バン。コスチューム・デザイナーに同じくベトナムを拠点に世界で活躍するデザイナー、テュイ・グエン。彼女ら新世代のトップランナーの女性たちが集結し、ベトナムの伝統的な民俗衣装・アオザイをテーマに、現代的でPOPなファッション・エンタテインメントを作り上げた。これまでのベトナム映画のイメージを一新した本作は、国内で大ヒットを記録。映画に出てくる新しいアオザイが若者の間でも大流行するなど、ファッション界にまで影響を与えた。また評価は本国だけには留まらず、釜山国際映画祭をはじめ、世界中の映画祭で上映され喝采を浴びた。

主人公・ニュイを演じるのは、出演作が歴代興行成績ベスト10に並ぶ人気女優、ニン・ズーン・ラン・ゴック。アオザイを通して自分にとって本当に大切なものを見つけ、成長を遂げるヒロインを溌剌とした演技でキュートに演じた。ニュイを助ける青年・トゥアンを演じるのは元人気ボーイズグループ365daband(バーサウナム)のS.T。またゴ・タイン・バンもニュイの母親役で出演。ニュイに対する愛情ゆえに厳しく接する母親をその確かな演技力で好演している。他にも「パパとムスメの7日間」のホン・ヴァン、「サイゴン・ボディガード」のジエム・ミー9X、「ベトナムを懐う」のオアン・キエウなど人気実力派女優が勢揃い。主題歌をベトナムの安室奈美恵と称される歌姫ドン・ニーが担当し、本編にカメオ出演も。1人の女性の成長を華やかに描き、女性が元気になれる「ビタミン・ムービー」が遂に日本上陸!

STORYストーリー

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」×「プラダを着た悪魔」?
国内外に“アオザイ旋風”を巻き起こしたファッション・ファンタジー

1969年のサイゴン。9代続いたアオザイ仕立て屋の娘ニュイは、ミス・サイゴンに選ばれるほど美しくスタイルもファッション・センスも抜群。しかし60年代の新しいファッションに夢中で、アオザイを仕立てる母と対立していた。ところがある日突然、現代にタイムスリップしたニュイは、変わり果てた自分と店の姿に対面してしまう。なんと母が急逝した後、店が傾き倒産、生家も取り上げ寸前の状態だった。そこでニュイは自分の《人生》を変えるべく、現代のファッション業界に潜り込んで奔走する内に、次第にアオザイの魅力と母の本当の想いに気づいていく–––。ニュイは果たして成りたかった《本当の人生》を取り戻すことが出来るのか?

PROFILEプロフィール

staff

製作・出演(ニュイの母)

ゴ・タイン・バン

NGÔ THANH VÂN

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)で、ローズの姉ペイジ役を演じたベロニカ・グゥこと、ゴ・タイン・バン。彼女は現在のベトナム映画を代表する女優であると同時に、ベトナム映画界を牽引する革命児だ。彼女は1979年、南部メコンデルタのチャーヴィン省に3人姉妹の末っ子として生まれ、10歳で家族ともにノルウェーに移住。1999年、ベトナムに帰国、2000年に「ミス・ベトナム・フォトジェニック」の3位入賞をきっかけに、モデルとしてのキャリアをスタートする。2002年には、テレビドラマ『栗の香り』で主役を務め、歌手としてデビューアルバム『恋人の園』を発表。2006年、『サイゴン・ラブ・ストーリー』でスクリーンデビューを果たす。2007年、『The Rebel 反逆者』で戦うヒロインを熱演、華麗な打点の高い回し蹴りも披露し、第15回ベトナム映画祭で最優秀女優賞も受賞した。

彼女は女優として成功する傍ら、起業家としても活躍、2009年9月タレント事務所ベトナムアーティストエージェンシー(VAA)を創立、2010年12月16日に4人組ボーイズグループ365daband(2016年7月に活動休止)をデビューさせ、タレント業でも成功を収めた。さらに、スタジオ68という制作チームを率いて、2015年から映画製作にも進出し、アクション・ファンタジー『ロスト・ドラゴン』を初プロデュース、主演もこなした。

2016年には、アクション・ファンタジー『フェアリー・オブ・キングダム』を初監督し、プロデューサーとして事務所の365dabandを俳優として起用、彼らが歌う主題歌のおかげで、映画も大ヒットした。2017年には、コメディSF『サイゴン・クチュール』に出演、プロデュースを行い、ヒット。レトロなアオザイのリバイバルを起こした。2018年に入ってもその勢いを止まらず、ロードムービーコメディ『帰省して正月を祝う』を出演とプロデュース、さらに、『やさしいあなた』(2014)のレ・ヴァン・キエト監督による、主演のアクション映画『ハイ・フォン』は、R-15作品ながら、ベトナムの歴代興行記録を塗り替え、北米でもロードショーされた他、日本でもNetflixで見ることが出来る。

監督・脚本

グエン・ケイ

KAY NGUYỄN

脚本家として活躍後、アメリカ、日本(NHK「kawaii project」)、イギリスで映像分野で実績を積む。ベトナムへ帰国して、“Tèo Em”の大ヒット後、2013年に脚本家集団 A Type Machineを創設。ゴ・タイン・バン主演のアクション映画『ハイ・フォン』では歴代興行成績を塗り替えるほどの大ヒットを飛ばす。一大ブームを引き起こした本作では脚本と監督を担当。 最新作はヴィクター・ヴー監督の“Mat Biec(原題)”をプロデュース。

脚本

エー・タイプ・マシン

A TYPE MACHINE

“A Type Machine”は8名からなる脚本家集団。代表のグエン・ケイとOwsley氏の二人の女性が先頭に立ち、現在まで9本の作品の脚本を手掛ける。いずれも興行トップの作品であり、時代を引っ張っている。ベトナム映画の質が格段に上がったのも彼女たちの功績・影響が大きい。

共同監督・プロデューサー

チャン・ビュー・ロック

TRẦN BỬU LỘC

ベトナム映画界で10年以上にわたり活躍しているプロデューサー。

ゴ・タイン・バンが監督した『フェアリー・オブ・キングダム』をはじめ、本作や『ハイ・フォン』のプロデューサーを勤めた。韓国のオリジナルドラマ「太陽の末裔」のベトナム版「Hậu duệ mặt trời」も監督している。

製作・コスチューム・デザイン

トゥイ・グエン

THỦY NGUYỄN

トゥイ・グエンは、ハノイ生まれ。ハノイ美術大学を卒業した後、ウクライナに留学し、キエフ美術大学で修士号を取得。 ヨーロッパの生活と文化は、東西の美術に関する彼女の研究の蓄積と共に、現代美術への本質的なアプローチを目覚めさせた。彼女がファッション界へ移行した道は、他のケースと変わっていて、ハノイ演劇・映画アカデミーに学び、舞台での衣装を担当し、優雅さと自然、繊細さとシンプルさのバランスを取る技術を身に着けた。THUY DESIGN HOUSEは、2011年の雨季に初めてファンション・プレスに紹介され、現代性と伝統、贅沢さと謙虚さをブレンドし、生き生きとした女性らしい魅力を表現。それは彼女のデザインの核になる価値観となっている。トゥイは、情熱と限りない努力によって、自身のブランドであるTHUY DESIGN HOUSEを、芸術性に溢れたファッションとして、堅実な成功を収めることができたのだ。

cast

ニュイ

ニン・ズーン・ラン・ゴック

Ninh Dương Lan Ngọc

1990年4月4日ホーチミン生まれ。17歳から女優をはじめ、ホーチミン市映画演劇大学を経て10年以上活動している。ゲーム番組にも多数出演し「サイゴン・クチュール」で共演しているS.Tとは親友関係にある。2018年には「Gái Già Tuyển Phi Công」で歌手としてもデビューを果たし、MVではスクールガール風衣装や水着姿も披露。ベトナム・アラサー世代のアイコンとして絶大な人気を誇る。ゴ・タイン・バン監督の「フェアリー・オブ・キングダム」(2016)も、バンが演じる継母の娘役でコミカルな演技を披露。2019年公開の「Cua Lại Vợ Bầu」も大ヒット。ベトナム映画歴代興行成績のベストテンに主演作が並ぶNo.1コメディエンヌ。

アン・カイン(2017年のニュイ)

ホン・ヴァン

Hồng Vân (diễn viên)

1966年5月26日生まれ。バクニン省出身。1989年よりホーチミン市小劇場所属俳優として活動を始め、2001年からは女優、監督のほか、Van Tuan Cinema Theater Joint Stock Companyで社長業も。2012年には人民芸術家の称号を授与された。テレビドラマや映画の出演作は多数。日本人監督・落合賢のベトナム映画「パパとムスメの7日間」(2018)でも主人公親子の隣人という印象的な役を演じている。

ヘレン

ジエム・ミー 9x

Diễm My 9x

1990年1月27日生まれ。ホーチミン出身、ハノイ貿易大学卒業の才媛。5歳から子役として俳優活動をはじめ、ミス・ワールドのベトナム代表コンテストの最終ラウンドに残るなど華やかな経歴を持つ。2016年には「Gái Già Lắm Chiêu」映画で、ゴールデンカイト賞の女優賞にノミネートされた。他の出演作に「レディ・アサシン 美人計」(2013)、「ホイにおまかせ」(2017)など。なお今回のクレジットにある「9x」は 1990年代生まれの意味で、母親役で同姓同名の先輩女優Diễm Myと見分けるため。

1969年のタン・ロアン

オアン・キエウ

Oanh Kiều

1989年1月5日生まれ。ダラット出身。ラン・ゴックやジエム・ミー 9xと同世代でありながら、素朴な少女役を演じてきた。高校時代から演劇を志した彼女はホーチミン市映画演劇大学を卒業。2017年に「ベトナムを懐う」に出演。本作にも出演し、人気を不動のものにした。

2017年のタン・ロアン

ジエム・ミー

Diễm My

1962年12月7日生まれ・ニャチャン出身。父親が亡くなったあと、1972年にサイゴン(現ホーチミン)に移住。1979年、初めて映画に参加。1994年「Về trong sương mù」でヒロインを演じたあと、実業家と結婚。仕事をセーブしてきたが、近年再び多くの映画に出演している。

トアン

S.T 365

S.T

1990年12月10日生まれ。ゴ・タイン・バンがプロデュースしたアイドルグループ365dabandのメンバーとしてデビュー。

ニュイの母

ゴ・タイン・バン(ベロニカ・グゥ)

NGÔ THANH VÂN

Staff参照

COMMENTSコメント

データを読み込んでいます...

KEYWORDSキーワード

データを読み込んでいます...

NEWSニュース

データを読み込んでいます...

THEATER上映劇場

データを読み込んでいます...

for VIETNAMESE

Cô Ba Sài Gòn

Đạo diễn: Trần Bửu Lộc và Kay Nguyễn
Diễn viên : Ninh Dương Lan Ngọc, Ngô Thanh Vân

Bối cảnh phim vào năm 1969. Như Ý, con gái trong gia đình có truyền thống 9 đời làm Áo dài, nhưng cô lại say mê bởi những kiểu thời trang mới của những năm 1960, những bộ thiết kế kiểu Tây, trái ngược với mẹ cô ghét áo dài kiểu cũ. Thời gian chuyển đến 48 năm sau, Như Ý tại thời điểm năm 2017, cô đang đối mặt với chính mình vào lúc đang tìm cách tự tử. Và thế là câu chuyện phục hồi cửa hàng áo dài bắt đầu. Bộ phim đã tham gia rất nhiều liên hoan phim, trong đó có liên hoan phim quốc tế Busan.

Mua vé

Vé mua tại rạp chiếu

Vé mua tại rạp chiếu: 1.800 yên

※ Quý khách xin vui lòng mua vé tại quầy bán vé ở rạp và lấy số thứ tự để vào xem phim. Dự kiến quý khách có thể vào phòng chiếu phim 10 phút trước các suất chiếu.

Các quy định khi xem phim trong rạp

  • Tắt điện thoại hoặc chuyển sang chế độ rung, không sử dụng điện thoại.
  • Giữ im lặng và không nói chuyện. Xin chân thành cảm ơn sự hợp tác của quý khách và kính chúc quý khách xem phim vui vẻ.